友利新は太りやすい遺伝子タイプ?ダイエットの方法は?身長と体重は?画像は?

友利新さんは、バラエティ番組や、健康情報番組などでおなじみの美人女医さん。あんなにキレイなお医者さんがいたら、患者さんも病院に行くのが楽しみでしょうね。

彼女は皮膚科医としての専門的な知識や、ご自身の体験からとても分かりやすく美容の事などを解説してくれるのがとても魅力的な方ですね。

そしてその美しさから、2004年には第36回の準ミス日本に選ばれたりもしています。
そんな彼女がどのようにあのスタイルをキープしているのかを調べてみました・・・

友利新は太りやすい遺伝子タイプ?

美しくほっそりしたスタイルの友利新さんですが、遺伝子検査をしたところ実は9タイプあるうちで一番太りやすいという「あざらしタイプ」なのだそうです。

出典http://hiroi24.com/4790.html

出典http://hiroi24.com/4790.html

遺伝子検査は脂質の代謝、糖質の代謝、たんぱく質の代謝の三つから判断されるのですが、このあざらしタイプの人は運動したり食事制限したとしても他の人よりも脂肪の燃焼が悪く痩せにくいのだそうです。

そんなタイプの方が、あれだけのスタイルをキープしているのはよほど頑張っているのでしょうね。

友利さんが日頃気をつけていること、ダイエットの方法などを詳しくみていきます。

<スポンサードリンク>



ダイエットの方法は?

美容関係の書籍をたくさん書かれている友利さんですから美容の情報もたくさん発信しているのですが、とても長くなりますので今回はダイエットに絞って書いて行きますね。

食事編

朝食にミックスジュース

WS000077

友利さんのミックスジュースの習慣について、「酵素摂取が目的ですか?」との質問に

「違いますね。朝を排泄タイムとして十分に機能させたいという考えが軸にあって、胃腸が十分排泄に専念できる朝食という事で液体に近いミックスジュースをチョイスしている」

と答えていました。2013年4月29日の「私の何がイケないの」で、Vitamixのミキサーを紹介。
8万円ほどと高額な為、友利さんも悩みに悩んで購入したそうですが、毎朝フレッシュミックスジュースを作り、飲んでいる時に幸せを感じているそうです。

出典http://www.dishpal.com/

出典http://www.dishpal.com/

朝食にミックスジュースを飲む利点として、

外食続きだったりして食生活で足りていなかったりするビタミン・ミネラルを材料でコントロールしやすいのも自分には合っていました。朝だけが自分主導で摂りたい栄養に主眼をおいた食事ができる時間なので、大切にしています。

低糖質、高タンパクで

友利さんがアラフォーの方に向けてのオススメダイエット法を語っていたところによると、アラフォーの方が単品ダイエットなどをしてしまうと、最初のうちは体重が落ちても、やがて筋肉や水分も落ちてしまう事で肌がガサガサになったり、老けて見えるそうです。

出典 http://lbr-japan.com/

出典 http://lbr-japan.com/

友利さんがオススメしているのは

ランチかディナーのうちどちらかの炭水化物を抜く ”プチ糖質オフ”

そして、良質のたんぱく質をしっかり取る事は意識して欲しいとの事です。
糖質を減らしてもゼロにしてはだめで、糖質はエネルギー源だから、無くなると疲れやすくなるからです。朝から昼間ではまだまだ活動時間なのでエネルギーとして使われるから摂取してOKだそうです。

お仕事のお付き合いなどで夜に外食をする時はお昼にコンビニで低糖質パンを買ったり、鶏のササミを使ったサラダなどを取り入れるなど工夫をするといいですね。

抵糖質のおすすめメニュー

友利さんは夜に炭水化物を減らしているのですが、ご主人に焼きそばなどをリクエストされた時などに作るオススメメニューをブログに書いていたのでご紹介します。

まずは、焼きそばの具を野菜たっぷりでいためてあんかけ風にして

出典 http://ameblo.jp/

出典 http://ameblo.jp/

旦那様には焼きそばの麺、自分用にはお豆腐を用意します。

出典 http://ameblo.jp/

出典 http://ameblo.jp/

そして、先ほどの具を乗せれば、旦那様はあんかけ焼きそば、自分には焼きそば風あんかけ豆腐。野菜もたくさんとれて、しかも美味しそうです。真似したいと思いました。

食べ過ぎたら調整

ちょっと食べ過ぎたなと思った翌日に、食事を減らすなどすぐに調整するくせをつけると良いとの事。友利さんも実践しています。

ダイエット美容茶デテーサで糖質制限

糖質制限もできて、肥満ホルモンをカットするというダイエット美容茶。
サラシアが糖質の約40%をカットすると言います。

出典 http://innesto.jp/

出典 http://innesto.jp/

サラシアが、分解酵素αグルコシターゼ(食事で摂取した糖質を分解してブドウ糖にする働きを持つ。)の働きを弱める為、結果ブドウ糖の量を減らす働きをします。

余分なブドウ糖があると、大量にインシュリン(肥満ホルモンといわれる)が分泌され、ブドウ糖を脂肪に蓄える働きをするので、余分なブドウ糖を減らす事が肥満防止に重要です。

糖質制限食は米や麺類などの炭水化物を厳しく制限した食事方法ですが、普段の食事でも、サラシアを合わせて摂取することで、炭水化物類を約40%カットした糖質制限食となるのが魅力ですね。

血糖値の上昇をゆっくりにすることもインシュリンの分泌を適度にします。

糖質を大量に取らない
食べる時は一口に30回以上良く噛んでゆっくり食べる
野菜→肉・魚→炭水化物の順に食べる

という事も大事です。

ダイエット豆知識

友利さんによると、10月はダイエットに最適な季節なのだそうです。

9月は副交感神経優位から交感神経優位にスイッチする境目なのでなかなか調子が上がらない時期。10月になると交感神経優位になるので自律神経が安定し体温が上がりやすくなる。
体温が上がるという事は代謝が良くなるという事で、ダイエットに適している。

知りませんでした。今9月ですので、10月に向けて、少しずつ体を動かすようにしようと思いました。

ちなみに一番代謝が良いのは12月1月なのだそうですが、その時期はちょうど忘年会や新年会など食べ過ぎてしまう事が多く、なかなかダイエットできませんね。

代謝が悪いのは夏だそうです。気温が低いと体温を上げようと代謝を良くし、気温が高いと体温を上げる必要が無いからでしょうね。

運動・生活編

朝はまず光を浴びる

友利さんはまず朝日を浴びる事から1日をスタートするそうです。朝日を浴びると体内時計がリセットされ、自律神経の働きやホルモン分泌などが整います。

ジャイロトニック

「ダウンタウンDX」や、「今夜くらべてみました」で紹介していたのがジャイロトニックです。

出典http://www.lafeuille.jp/

出典http://www.lafeuille.jp/

ジャイロトニックとは、

ジャイロトニックGYROTONIC® とは木製の機械を使用しながら行う全身運動です。無理なく筋肉を伸ばし、関節に負担をかけずにエクササイズができるようプログラミングされており、呼吸と同時に動くことでより効果が得られるエクササイズです。

円を描くようにしなやかな動きが特徴で、身体のコアを鍛えるのはもちろんのこと、関節を開放しながらのびやかに全身を動かし、左右対称な動きを自分で行うことによって筋力のバランスを整えていきます。

クリニックに出勤する前に体を動かすためにトレーニングジムに訪れジャイロトニックのパーソナルトレーニングをするそうです。ラ・フォイーユ青山 プライベートレッスン1時間8500円に週一回通っていると話していました。

ハーバルトリートメント(ハーブの蒸気浴)

出典http://lumias.orchidee-group.jp/

出典http://lumias.orchidee-group.jp/

「YOSA PARK」で 韓国のよもぎ蒸しにヒントを得たハーブの蒸気浴を受けています。

ハーブは11〜14種類を厳選して目的別、お悩み別にブレンドしておりますので、その日の体調によって選んでいただけます。(医薬部外品)

ケープの中の温度は45℃で1時間たっぷり汗をかくそうです。

身長と体重は?

友利さんの身長は166cm、体重は50kgだそうです。

166cmの方の美容体型で55.1kg、50kgですとモデル体型が51.5kgほどですので、女性が理想とする体重より少し細いです。羨ましいです。

冒頭に書きましたが、太りやすい遺伝子タイプであるのに、この体型を維持しているのは努力の賜物ですね。

ご自分も、「そうとう我慢してますね!ハンバーグ食べるのは年に一度ですから!」と関ジャニ∞のジャニ勉で熱く語っていました。

画像は?

マタニティ画像

出典http://www.dishpal.com/

出典http://www.dishpal.com/

お腹は大きいですが、それ以外は細いですね。

ほっそり画像

出典http://image.search.yahoo.co.jp/

出典http://image.search.yahoo.co.jp/

これで、太りやすい体質なんて・・・・。

現在2歳の男の子と今年8月に生まれたばかりの女の子の2人の子育てでお忙しい友利新さん。これからもご自身の体験からなる美容のお話などたくさん聞かせて欲しいですね。

<スポンサードリンク>

<スポンサードリンク>

コメントを残す